読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁当2個食べなきゃいけないんです。

目指せミニマリスト!! 捨てる、節約、読書… 四十路女のひとり遊び。

めちゃんこ寒かったので、スーパーカップの野菜タンメンを食べてみた。

Lunch Life

まだまだ雪道は気をつけて。

f:id:one00one:20170224180304j:plain

 

雪道運転

慣れた頃には

春が来る

 

こんな山の上では、フライデーがプレミアムだろうがなんだろうが関係ない。

朝、峠を越えて仕事へ向かう途中、車が好きなんだなーーという感じにカスタムしているキレイな地元ナンバーのハイエースが「どーかしたか?」ってくらいそれはそれはゆっくり走行。こんな山の上に渋滞作ってくれちゃったもんだから、周りの車がソワソワしてんのが痛いくらいわかる。

ちょうど直線でみんながどんどん追い越してったので、あたくしも失礼して。どんな人が運転してんだか・・・と思ってチラっと見たら、これからスキー場行くであろうお兄ちゃん。ハンドルぎっちり握って、どんだけ前のめりやねん!ってくらいビビってる。

「はーーーーもうこんなスキー場こねーし!」って思ってんだろうなーって感じだったが、こんなきれいに除雪してくれてんのに20km/hってさ。

女子を助手席に乗せる場合はスキー場へは行かない方がいいぞい・・・と無駄な心配をしてみたのであった。

 

スーパーカップ野菜タンメン

つーわけで、とんでもなく寒かったのでお昼はラーメン食べましょ。

そーいや最近ラーメン屋さんでラーメン食べてないな・・・。

 

はい、カップです。

f:id:one00one:20170224180259j:plain

発売日:2017年2月6日

しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメンです。
数種のチキンエキスをベースに、オニオンやジンジャー、ニンニク等の旨みをバランスよく利かせたタンメンスープです。別添の「超やみつきペッパー」を加えると、とろみのあるスープに良く絡み、食べれば食べるほどそのおいしさがやみつきになります。
シャキシャキとした食感の良いキャベツ、色調の良い人参、コリコリとした食感の良いキクラゲを加えて仕上げました。

スーパーカップのブランドページかっけー

 

はい、ペリッと

f:id:one00one:20170224180255j:plain

 

「超やみつきペッパー」ってのが重要なのね。

お湯を入れて3分・・・

 

いかにんじんと、酪王牛乳

待ってる間に、

f:id:one00one:20170224180247j:plain

 

福島県民のソウルフード「いかにんじん」てんこ盛りと、酪王牛乳を準備。

冬になると福島県ならどこにいっても出る「いかにんじん」

学生時代、江戸に出て初めて地域限定だと知った「いかにんじん」

そして、食事とセットで牛乳、と。

 

三分後・・・

f:id:one00one:20170224180237j:plain

 

入れましょう。

 

f:id:one00one:20170224180232j:plain

 

少な。

カップラーメンのスパイスといえば、

f:id:one00one:20170224180242j:plain

 

足しますか?

これはうまいですよ。

魚が強い。

カップラーメンだけじゃなく、みそ汁とか鍋とか、汁ものにはなんでもいけます。

ブラックはコショウ、レッドは唐辛子、小さじてんこ盛り2杯くらい入れます。

だから「超やみつきペッパー」が少なく思う。。。。

ま、とりあえず食べてみましょう。

 

f:id:one00one:20170224180228j:plain

 

まぜてみた。

 

・・・・・・

 

※※ (≧д≦*)ケホッケホッ

 

・・・・・・

 

うん、辛い。

コショウの辛い。

激辛!!!ってわけじゃないけど、まんまと咳き込んだ。

麺やスープはスーパーカップってことで、可もなく不可もなく。

魔法の粉は入れないで終わりましたよ。

 

カップラーメンは、スーパーカップくらいのサイズがちょうどいいんだよね。

量がね。

f:id:one00one:20170224180226j:plain

 

最後にご飯を入れて食べたいからさーー♡

んまかった (*´Д`*)ウマー.:゚+

 

ちなみにこの辺だと、サービスエリアのお土産コーナーによく置いてあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

本も、占いも、直感とタイミングを大事に、信じるものは救われる。

Book TV

そういえば確定申告!!!

 
今年は初日にやったるでーーーー!と思ってた。
 
そして今日は16日くらいかな・・・って始まっとるやんけーーー!
 
と思ってたらいつの間にやら24日って、いったいどういうことなんだろう。
 
 
ま、気づいたおかげで図書館の返却を忘れて延滞することにならずに済んだのだが。
 
驚きの、一週間のずれ。
 
「えーーー今日金曜日って感覚なのにまだ水曜かよぉ…」なんてことはよくあるが、さすがに一週間となると、そこそこ置いてけぼりの感情が芽生える。
 
といいながら、18、19日の大会には忘れず行っている。
 
「明日は◯時です!!」とかいろいろ確認されているから、日付というより曜日で動いている。
 
未だに西暦だの平成何年だの、まだはっきりしない。
 
もうどんだけなの?
 
気づいたら今月終わっちゃうジャマイカーーー!!!
 

one00one.hateblo.jp

 

というわけであっという間に2月も終わりだが、ゲッターズ飯田の「銀のイルカ」2月の運勢を確認してみた。
 
2月 整理の月 気持ちを切り替えて、真剣さを取り戻す月 だそうだ。
 
真剣に取り組んだことはなんだろうか、ブログか。
 
いや、1月から比べると半分くらいしかアップできていない。
 
捨て作業もゴミ捨てレベルになってしまって、トレファクもブックオフも足が遠のいている。
 
なんか、これといって真剣に取り組んでないな。
 
2月、終わっちまうわー。
 
そんでなくても短いのに。
 
あと4日真剣に過ごす!!
 
昨年出会って仲良くなった人との別れもありますが、ここで縁が切れる人を追わないようにしましょう。
 
やばい、ドキっとした。
 
占いなんちゃ〜どんだけの人がひとつの同じ枠におさめられてると思ってんだ!と。
 
でも、驚くほど見透かされたような事書いてあるとさ、震えるよね。。。

 

幸せになる勇気 

 
アドラーの教え「嫌われる勇気」の続きの本を読み始めた。
 
昨日図書館から借りてきたんだけど、順番からいくともっと先に返さなくちゃいけないのから読みたい。
 
それに今この本の気分じゃない。
 
それなのに、どういうわけだかこの本だけをつかんで出てきた。
 
そしてしょうがないから読み始めた。
 
そしたら、この本は「今」読むべき時だったんだと思った。
 

f:id:one00one:20170223210112j:plain

 
最近新しい図書館を見つけた。山の上の小さな公民館の本棚だ。
 
そこで借りて来たのだが、二週間前に行った時には貸し出し中だった。
 
そして昨日行ったら返却されてて借りてこれた。
 
その二週間前に借りて読んでも今ほど響かなかった。
 
事態がずいぶん変わっているのだ。
 
2月何も真剣に取り組んでないかと思ったが、考えてみりゃいろいろあった。
 
結構真剣だった。
 
 
ちなみに「悪いあの人」があたくしで。
 
いいんです、あたしが悪人なんです(ヽ´ω`)ゲッソー
 
人それぞれ、感じ方は違うものです。
 
 
まだ半分くらいで止まってます。
 
読み終わった時には「今」読むべきだったあたくしに明るい未来が、そして「幸せになる勇気」が満ちていることを期待している。
 

「嫌われる勇気」 の時から思うこと

 
この本は、哲人と若者の対話形式ですすんでいくお話しなのだが、なにぶんにもこの若者の無礼さが気になって気になって、不愉快。
 
「ええい、腹立たしい!右から左に穴だらけの虚言を並べ立てて、それで煙に巻いたつもりか!!望むところだ、穴という穴を、ほじくり返してやる!!」
 
とか、
 
「引っ込んでろ!!あなたのような時代遅れの哲学者が出る幕じゃない!」
 
とか、
 
「いい加減にしろ、この鉄面皮め!」
 
とか、
 
「こ、この忌々しい毒虫め!興奮して声を荒げるわたしを、未熟な人間だと嘲笑っているのですか!」
 
とか、まーーーーーとにかく次から次と暴言吐く吐く。
 
前回、アドラーの思想に影響うけて図書館の仕事やめて、中学校の先生になったというこの「青年」にとんでもねーーイライラだ。
 
こんな人が先生で大丈夫か?
 
さすが哲人、まったく相手にしていないが、あたくしだったらとっくにキレてコーヒー投げつけてるね。
 
哲人の元を訪ねた今回の理由が「アドラーを捨てるか否か」ということなのだが、どーーーーぞ捨ててくださいって思うがな。
 
好きに生きなさいよ、そんなことも自分で決められない人が先生なんてやってんじゃないわよ!と、なーんも関係ないおばちゃんは思ってしまうのであった。
 

ドラマもいろいろ問題になってるみたいだけど、見てますよ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

本を読みながら、テレビを見ながら、ブログ書きながら、コーヒー飲みながら、友達をやめる。

ミニマリストへの道 Book TV

お題「読書感想文」

 

ドラマ「カルテット」

見てますか?オモシロイですね。

今回から第二章という事で真紀さんの夫さん(クドカン)が出てきて、最後には突然ミステリーのスイッチがONになっちゃって。

いろんな伏線があるので何度も見返します。

唐揚げにレモンはまだ引っ張ってる。

なんかこのドラマ、1時間じゃなくてもっと長い時間見てるような錯覚になる不思議。

内容がこーーーい!!

今もテレビで流してます。

 

ミステリーといえば、奪い愛、冬 がそーーーとーーーのミステリーというかホラーというか。

倉科カナが主役ってのがイマイチ盛り上がりにかけるんだけど、そこはナイトドラマ。

まーーーー水野真紀がおもしろい。

「うずくのーーー右脚がーーーー」

安定ww

 

本を読む。 

図書館で借りてる本たち。

増えたり減ったり、やっとこちょっと落ち着いてきた。

f:id:one00one:20170223135536j:plain

 

一番上の本。

さっき図書館に返却だけにしよー!と決めて行ったのに、これだけ借りてきちゃった。

再読だ。

というのも、図書館で立ち読みしたときに第二話を読んで刺激を受けちゃったからだ。

累計30万部を突破した『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』シリーズをはじめ、『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』など、体を張って人生の苦手克服をし続けているわたなべぽんの実録コミックエッセイ最新刊です。
これまで当たり前のように使ってきた道具や、こうしなきゃ・・・と思っていたこと、つい囚われてしまう考え方の癖、そういったものを1つ1つ仕分けして「やめて」みる。そんな試行錯誤を繰り返しているうちに、いつしか生きるのがラクになっていく、そんな著者のクスっと笑える奮闘を描いています。読んでいるうちに心の中からすっきりしていく1冊です。

第二話は、テレビの巻

ミニマリストを目指す上でモノを片づけるようになり、不思議なもんでテレビのつけっぱなしも少なくなった。

とはいえ、今ついてる。

なんでもかんでも一緒に出来るわけないのになんとなくカルテットを見てる・・・というかついてる。

テレビが気になったり、本に戻ったり、ブログ考えたり、もうそれはそれはどれも進まない。

というわけで、テレビ消しました (* ゚∀゚) シーン

温風ヒーターの音と、キーボード叩く音だけがします。

第九話が、スマートフォンの巻

朝、起こしてくれるところからスマホです。

アラームで起こしてもらって、スヌーズにすればいいものを止めてしまって。

止めて一回瞬きしたと思ったらもう40分が過ぎていたという今朝です。

40分が1回の瞬きで過ぎてしまう恐ろしさといったら・・・いや焦った。

ご飯を食べるときも、トイレの中も、いつでもどこでも一緒♡

寝る前くらいは・・・と思ってもなかなか。

だけどゲームをね、やめてみました、一つだけ。

一番ながーーーい時間やってしまっていたゲームをやめたんだい!

あたし、頑張った!

第十話これが重要、もやもや人間関係の巻

もやもやするんなら、友達付き合いやめればいいんじゃないの?という話しだ。

これがあたくしの現実問題、一番悩んでいる事だ。

もやもやどころではなく、もはや「そもそも友達だったんだっけ?」というレベルだ。

すでに一度結論を出して、本人同士は決着がついた。

しかし、そんなに甘くはなかった。

テレビやスマホなんかみたく、個人で解決できる問題はそう難しいことではない。

それに1対1で距離を置くとかいうくらいなら、40も越えりゃたいした問題ではない。

しかしすでに本人同士の問題ではなくなっていて、なかなか決着がつかない。

何かと厄介で、まだ「やめてみた。」とはっきり言えない自分がもどかしい。

決着がついたらちゃんと発表したい。

あーーー早くしたい。

 

まとめ

やめてみる、引いてみる、捨ててみる・・・

残ったものは好きなもの♡

なんでもかんでもってわけにはいかないんだよね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ