/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

弁当2個食べなきゃいけないんです。

目指せミニマリスト!! 捨てる、節約、読書… 四十路女のひとり遊び。

ついに、オレンズネロオーナーになりました!!!

根暗なひとりっ子

あたくしはひとりっ子だ。

こっち のプロフィールにも書いてあるが、本来のあたくしは根暗でひとりが好き。

できればずーーーっと引きこもって、ひとりで遊んでいたい。

影が薄い・・・と言われるくらい、ひっそりと目立たず生きたいと思っているのだが、いまいちうまくいかない。

仕事もサービス業。こんな根暗なあたくしが、なんで人前に立つ仕事をしているのか。

緊張はするし、人前で喋るのが苦手だし、ものすごくつらい。

カラダも大きい。

性格も悪い。

目立つ気はこれっぽっちもないのに、どーゆーわけだか目立ってしまう。

つらい。

 

突然のプレゼント

あたくしの誕生日は11月だ。

今週末は母の日だが、あたくしは一度も母になったことがない。

それなのに、突然友だちからプレゼントが送られてきた。

Twitter @kujiraimo でも定期的にツイートしているのを友だちが見ていて、探してくれていたというのだ。

 

これ!!

 

f:id:one00one:20170511140732j:plain

 

前から読んでも後ろから読んでも orenznero!!!

オレンズのネロ様でございますー♪

友だちから「送ったからー♪」と連絡がきて、腰抜かしそうになった。

都会の方は、だんだん在庫が潤ってきているようだ。

持つべきものは、やはり友である。

pentel-orenznero.jp

じっくり観察。

東北人が、オレンジをナマって言ったようにしか聞こえないオレンズ!

ネロは、フランダースの犬のネロのことではなくて、イタリア語で「黒」ってことらしい。

こやつ、単なるシャープペンなのに3000円もするのだから!!


箱の裏。

f:id:one00one:20170511140737j:plain

 

ただの箱なのに、マットな高級感。

わかる人しかわからないと思うけど、触った感じはiQOSのネイビーのケースの感じだ。

開封。

f:id:one00one:20170511140744j:plain

 

たかがシャープペンに、取扱説明書と1年間の保証がついている。

 

f:id:one00one:20170511140832j:plain

さすが3000円。

黒いやつ!

f:id:one00one:20170511140802j:plain

12角形なんですって。

 

f:id:one00one:20170511140753j:plain

しっかり低重心で持ちやすい。

 

f:id:one00one:20170511140811j:plain

黒光ってるねーーー (* ゚∀゚*)キュン

 

「芯を出さないで書く」ということで、1ノックだけ。

 

f:id:one00one:20170511140711j:plain

 

すんごい拡大してるからこれくらい芯出てるけど、実際はほっとんど出てない。

こんで、延々芯1本分書き続けられんだって。

紙面からパイプを話す度に芯が出てくる「自動芯出し機構」搭載 ということだ。


ノック1回でずっと書き続けられる“orenznero(オレンズネロ)”とは?

 

f:id:one00one:20170511140717j:plain

 

ここまで出したら、ホントに折れた。

前にこれのために買っておいたシャー芯。

 

f:id:one00one:20170511140724j:plain

 

投入します。

 

f:id:one00one:20170511140821j:plain

 

噂のクローバー♡

クリーナーピンになっていて、芯詰まりが発生した際にご使用くださいとのこと。

くすぐるね♪

太さ比較

左から、0.2、0.3、0.5、0.9。

f:id:one00one:20170511140707j:plain

 

さすがメイドインジャパン!

0.2、0.3あたりは、本体を回さなくてもずっと芯が尖ってる。

 

いろんな問題があったはじめしゃちょーが、YouTubeで紹介しちゃったもんで品薄になったとも言われているわけだが、どれくらい感動するかは彼の動画をみてください。

折れない。自動で芯が出る。最高峰のシャーペン。オレンズNERO

 

持つべきものは友!!!

最近ある人に「友だちがいない、さびしい人」と言われたあたくし。

根暗でひとり大好きなあたくしだけれど、今までそんなことは思った事がなかった。

でも実は周りからそう見られているのか・・・とびっくりたまげたが、気づくとそれを言った人の周りに人がいなかった。

因果応報、カルマの法則、最近強く感じる。

 

あたくしの周りには、こんなアホの物欲のために奔走してくれる友がいる。

この春からは、ある一つのコミュニティーから脱して自由が戻ってくる!と思っていたのに、やっぱり抜け出す事は出来なかった。

一人でひっそりと生きていきたい・・・とかいいつつも、何かとみんなに支えられて生きている。

もうこの歳までくると、いろんな意味で諦めもつく。

きっと今生の魂の修行すべきところなんだろな。

あーつらい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ