/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

弁当2個食べなきゃいけないんです。

目指せミニマリスト!! 捨てる、節約、読書… 四十路女のひとり遊び。

「文藝芸人」を電子書籍で買ってみた。

引き寄せちゃう法則

どーーゆーーわけだか、スーパーなどのお店に行くと、出入り口にとっても近いところの駐車場が空いてたりします。

とっても不思議だけど、自分のために空いてんだ♪と思って遠慮なく止めます。

前置き終わり。

 

文藝芸人をお店で見つけた。

先ほども近所のイオンの真正面入り口前に車を止めました。

欲しいものは見当たらず、ただ店内をウロウロ。

本屋さんもフラフラ。

 

そこで見つけた

いわゆる雑誌。

 

そういえば、最近話題の雑誌といえば「新潮」だ。

又吉せんせの新作「劇場」が載っている。

もちろんそんなスーパーには売っているわけがない。

いつもお世話になっている図書館に予約済。

新刊はひと月待たねばならぬ。

しかーーし!予約1番なのでもうすぐ♪もうすぐ♪

んでその文藝芸人

ちょこっと立ち読みして、うーーん799円かぁ・・・と考える。

あ、そういえば!

フレッツ光メンバーズクラブのポイント、3月いっぱいで失効するのが500円分あったんだ!と思い出した。

なので、帰ってきてから honto で700円ーポイント500=200円で購入。

 

f:id:one00one:20170322145336j:plain

 

news.yoshimoto.co.jp

出版社・文藝春秋と笑いの総合商社・よしもとクリエイティブ・エージェンシーがタッグを組んで、新しい文芸誌を作りました。

よしもとには6000人を超える芸人が所属しています。芸はもちろんですが、小説、エッセイ、評論、イラストなど、本業とは違う才能を兼ね備えている芸人も大勢います。

吉本興業らしく、第二の又吉せんせを狙っているのでしょうね。

そんな又吉せんせの「火花」と「劇場」の秘められた関係 っていうインタビューも載っている。

NHKでドラマ「火花」やってますね。オモシロイですよ。昭和っぽくて。

他にも、芸人さんが書いた小説や、エッセイとか多数。

まだ全部読んでないけど、インパルス板倉の小説や、野沢直子のお父さんの話し、兵藤さんの「こんな人おりました」は面白かった。

キングコング西野のエッセイは、先日読んだ

 

one00one.hateblo.jp

これの中のひとつっぽい感じで、真新しさはなく。

全体的に、真面目な文芸雑誌です。

電子で買うと、エアロバイクこぎながら眺めるのにちょーどいいんです。

この雑誌はそのくらいのテンションで読むのに適当です。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ