/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

弁当2個食べなきゃいけないんです。

目指せミニマリスト!! 捨てる、節約、読書… 四十路女のひとり遊び。

図書館の検索システムがありがたい。フル活用して活字に溺れる引きこもりになりたい。

明日の燃えるゴミの日に向けて、今日も午後はお片づけ。

本はだいたい片づいた。

もう無駄に買ったり売ったりしないように、電子書籍か図書館で借りるかにしよ。

最近図書館がホントに楽しくて、おなかさえ空かなきゃ1日遊んでいたい。

そんなあたくしの周りの図書館のお話し。

(ローカルネタですが・・・)


白河市立図書館


今日も午前中の仕事の後、隣町の図書館に行ってきた。

白河市立図書館「りぶらん」施設情報 | 白河市公式ホームページ

ここは市町村合併により、白河市、表郷村、大信村、東村が合併して白河市。

おかげで、4つの図書館が一つのシステムで管理されている。



白河市立図書館

f:id:one00one:20170119181636p:plain


※ まず、利用カードを作る時に、窓口でパスワードの申請をしておく必要がある。


この白河市立図書館の検索システムからお目当ての本を探すと、白河、表郷、大信、東の図書館から探してくれる。

そして予約をする時に、貸し出し可能になった時の連絡方法を メール連絡不要 を選択。

次に、これが一番大事で、受取館をその4つの図書館から選べる ということ。

全部集めてひとつの図書館に持って来てくれる。非常にありがたい。


白河市立図書館は大きいし、蔵書も多いし、喫茶店もあるし1日いれるとっても楽しい空間。

だけど家から30分くらいかかるし、どーせ行くなら半日は遊んでくることを覚悟で行きたい。

そんなに毎回遊んでらんないので、私はいつも家から10分くらいの大信図書館で受け取る。

大信図書館は規模が小さく蔵書も少ないので、そう長居することはない。

予約本の受け取り、新刊のチェックくらいで帰ってこれる。


制限が非常にゆるい


そして、この白河市立図書館の魅力は、借りる冊数に制限がない ことだ。

本も雑誌も何冊でも借りていい。

そして1回の 期間が3週間

システムの中に『ご利用状況参照』というページがあって、何を借りてるか、何を予約しているかなど個人の情報が見れる。

そこで、貸し出し延長の手続きもできる。

延長は2週間まで。


たいていの図書館は、制限が10冊とか5冊とかあると思う。

それに貸し出し期間は2週間というのが多い。

ここはホントにありがたい。

返却は4つの図書館、どこにでも返却できる。


今日は控えめに


今日は、予約していた本とその場で選んだ本5冊借りた。


f:id:one00one:20170119181008j:plain


その他に3冊予約中。

マニアックな本を探すなら白河市です。



須賀川市図書館


白河市と反対方向の隣の須賀川市も3市町村が合併して須賀川市になった。

白河市と同じシステムがある。


f:id:one00one:20170119184640p:plain


ここは 市立 ってつかないんだな。


白河ほどの蔵書はない。

白河、須賀川、どちらかにあるということもあるので便利に使わせてもらっている。

現在は、白河にはなかったけど須賀川にあった1冊の本を予約中。

冊数は10冊、期間は2週間と普通だ。


自分とこの図書館


他にばっかり目がいってしまっているが、自分のとこの図書館はちょーーーー穴場だ。

新刊、ベストセラー、それにアメトーーク!の読書芸人なんかで紹介した本など、とにかく人気のある本がだいたい貸し出されることなく並んでいる。

他の図書館なら貸し出し始まる前から予約で何人待ち!なんてなってる本も、ふつーーーーに並んでいる。

そして申し訳ないくらい新しい。

残念ながら検索システムとかはないので行かないことには始まらないが、行って出会う楽しみがハンパない。

図書館になって日が浅いので蔵書は少ない。

少ないということもあるのか、白河、須賀川になかった本でも、リクエストするとだいたい買ってくれる。

ほとんど入ってくるのが小説、エッセイなので、ここで狙うはその手の本。

ホントありがたい。

本が並んでるようなホームページがないのが残念だ。

冊数は5冊、期間は2週間。


カリールがすごく便利。


calil.jp


言わずと知れた、全国の図書館から探してくれるサイト。

各図書館の予約システムまで直接リンクしてくれるのでホントに便利。



図書館が好き♡


図書館に行って、ズラリ並んだ本を見ると


「あーーーーこれ、死ぬまでに全部読めっかな・・・」


って思ってしまう。

出会わずに終わる本がほとんどなんだろな、と思うともったいない気がしてならない。

引きこもりたい・・・どっぷり溺れたい・・・


さっそく借りて来た本読んだ。



捨てにスイッチ入った。

これはすごい。

靴下1組、ハンカチ1枚とか、テレビなし、炊飯器なし・・・

さすがにこれは無理かなーーーーと思うが。。。


しかし、今は無理だけど春になったらもっともーーーっと空っぽ生活できそうな気がする。

だいぶ身の回りの状況が変化するのだ ヽ(*´∀`)/わーいわーい

楽しみ♪


んでもさすがに、この東北の片田舎で毛布のみの生活は厳しいかな。

とはいえ今は、羽布団とタオルケットしかかけてないや。。。

あーもっといけそーな気がするーーー!!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ