/* bタグは太字 */ article b{ font-weight:bold !important; }

弁当2個食べなきゃいけないんです。

目指せミニマリスト!! 捨てる、節約、読書… 四十路女のひとり遊び。

【BOOK】図書館にリクエストしてた本が入っていたのでしっぽりな冬休み。

あ、仕事はすでに納まってます。

今日から年末年始休みです。

 

えーと、図書館。

休みになる前に前回借りた本を返し、リクエスト本をおとり置きしといてくれたので連れてかえってまいりました。

 

 

 

村上さんの本はずっと読んだことがなくて、数年前ランナーだった頃に「走ることについて語るときに僕の語ること」を読んで、なんて読みやすい美しい文章なのでしょう♪とキラキラして読んで以来手を出し始めました。が、『1Q84』にしても『色彩を持たない多崎つくると 彼の巡礼の年』にしても一応読んでみたけど、一体何が面白いのかあたくしには理解できず・・・その後、過去の作品も含め読むことはなかったっす。

しかし、この本はレビュー等眺めていると「走ることについて・・・」レベルで面白そうなので非常に気になってまして。きっといつか図書館に入ってくんだろ、と思ってたのになかなか入ってこないからリクエストしたがな。

休み中、のんびり読みたいと思います。

のんびり本読んでる場合なのか!?と、心の片隅で誰かがつぶやいておりますが。

 

職業としての小説家 (Switch library)

職業としての小説家 (Switch library)

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

 

1Q84 1-3巻セット

1Q84 1-3巻セット